After graduation

スクールプログラムで海外カジノを経験

  • 釣谷 涼さん&Yukiさん

    カンボジア・カナダ

    釣谷さん
    2019年9月
    総合6ヵ月コース卒業

    Yukiさん
    2019年6月
    総合短期集中3ヵ月コース卒業

    Ryo Tsuriya & Yuki

    日本カジノスクールには卒業生限定の2種類のインターンシッププログラムがあります。ワーキングホリデー制度を利用し、カナダのカジノで最長1年有給で働くことができる「カナダインターンシッププログラム」、そしてカンボジア屈指のビーチリゾートで1年間カジノディーラーとして働ける「カンボジアインターンシッププログラム」です。

    今回はそれぞれのインターンシップを体験した釣谷さん、Yukiさんのお2人にお話を伺いました。

  • カジノディーラーに興味を持ったきっかけは?

    釣谷さん

    何か新しいことを始めたいな、と思っていた時にインスタグラムでスクールの広告を見て、おもしろそうだな、と感じたのがきっかけです。

     

    Yukiさん

    元々カジノが好きで、社会人のとき何回かカジノに行く中で、これがやりたいことなんだなと気づいたのでカジノディーラーを目指そうと思いました。

  • インターンシップに参加した理由は?

    釣谷さん(カンボジアインターンシップ)

    元々東南アジアが好きで、若いうちに働いてみたいなと思っていました。そんなときにちょうどカンボジアのインターンシップの話を聞いて、迷わず決めました!

     

    Yukiさん(カナダインターンシップ)

    海外の本場の、実際にお金を扱うカジノで働いてみたい!と思いインターンシップに参加しました。

  • 実際に海外カジノで働いてみて

    釣谷さん

    僕はカジノホテル(LaVogue)で働いていたんですけど、カジノディーラーがそのホテルの顔になるんだな、というのは強く感じました。ディーラーが良い対応をすればホテルに泊まってくれるし、逆に悪い対応をしてしまったら離れていくし、というのを感じられました。

     

    Yukiさん

    僕も同じようにホテルに設置されているカジノで働いたのですが、やはり接客が一番大切なこととして教えられていて、技術ももちろん大事なんですけど、それ以上にホスピタリティを重視しているな、というのは感じました。

  • 海外インターンシップを検討している方にアドバイス

    釣谷さん

    英語と多少の中国語は勉強しておいたほうがいいと思います。社内では英語で会話しますが、中国人のお客様を接客することが多いです。簡単な言葉でもいいので覚えておくと、仕事しやすくなると思います。技術は後からどんどんついてきます!

     

    Yukiさん

    語学力は大事です。一番はスクールで楽しみながら技術を身につけていってほしいですね。

  • これから入学を検討している方へ一言

    カジノ業界で働くというのは華やかなことだし、現地に行ってもその仕事がしたい、カジノにかかわりたいからこの業界に入ったという方も多いので、ぜひ皆さんもこの華やかな業界で活躍して、日本でカジノができたときに一緒に盛り上げていきましょう!

     

     

    ******************************

    お2人のインタビューはYoutubeでも公開予定です。お楽しみに!