カジノ関連ニュース

大阪へのIR誘致、再び機運高まる

大阪市長のシンガポールIR視察へ関西経済3団体同行

産経新聞によると、大阪府と大阪市が目指すカジノを含む統合型リゾート(IR)誘致構想で、
吉村洋文市長が9月に予定するシンガポールのIR施設視察に関西経済3団体すべてが
幹部を同行させることが明らかになりました。
(関西経済3団体とは関西経済同友会、大阪商工会議所、関西経済連合会を指します)

IR誘致について積極的な関西経済同友会では平成27年1月、府市が候補地とする大阪湾の人工島、
夢洲(同市此花区)での施設イメージ図の発表をはじめ、今春にはその経済効果の試算をまとめています。
また、カジノ誘致に慎重姿勢だった大阪商工会議所と関西経済連合会からも事務局長級の理事が初めて参加するとのことです。

今回のシンガポール訪問では9月1日~5日、「リゾート・ワールド・セントーサ」「マリーナ・ベイ・サンズ」のカジノを含む大型IR施設のほか、政府観光局、国家依存症管理サービス機構の視察を行う予定。

大阪へのIR誘致は推進派と慎重派の足並みが揃いはじめ、大阪カジノ構想へ大きな一歩となりそうです。

関連記事:
小池百合子都知事がカジノを含む統合型リゾート誘致を明言 NHKのインタビューで
小池百合子氏が都知事に カジノを含む統合型リゾートに追い風か
党三役にIR推進派 カジノ創設にさらなる追い風か
菅官房長官「日本の観光立国にIR欠かせない」明言/カジノ特命チームの業務凍結もない
IR(カジノ統合型リゾート)とは