カジノ用語辞典

クラップス :Craps

2個のダイス(サイコロ)を使って行われるカジノゲーム。
基本的なルールは、シューターと呼ばれるダイスの投げ手が「ポイント目(2つのダイスの和)」を作り、7の目を出す前に、再度そのポイント目と同数を出すことができれば勝ちとなる。

シューター以外のプレイヤーは、シューターが勝ちの目を出すか否かに賭けるゲーム。

ほとんどのプレイヤーは、基本的にシューターを応援する形でシューターが勝ちの目を出す方に賭けるため、一体感が強くなり、勝ちが続くと参加者全員で大盛り上がりする。

 

【JCSコラム】
真夜中のラスベガスのカジノで、時折聞こえる歓声の中心には、必ずと言っていいほどこのカジノゲームがあります。

日本では馴染みのないカジノゲームですが、アメリカのカジノでは大人気

基本的なルールは上記の解説にありますが、実はそれ以外にたくさんの賭け方があります。細かく説明するとこの項が埋まるので割愛しますが、そのたくさんの賭け方をさばくカジノディーラーはとても大変。

クラップスというカジノゲームは、テーブルが大きくルールが複雑なため、カジノディーラーも4人で行います。

まずはカジノからの配当やプレイヤーのベットを担当するディーラー。このディーラーが2人。

シューターがダイスを投げるので、そのダイスの目を大きな声で数えたり、ダイスに不正が無いようにしっかり管理したり、プレイヤーにダイスを渡す担当のスティックマン。専用の棒を持っています。これが1人。

そしてそのゲームの進行を管理監視するボックスマンが1人。

1つのカジノゲームでこれほど人が必要なテーブルはありません。それほどカジノディーラーが大変で忙しくて難しいカジノゲームが、このクラップスです。

遊ぶときはこのカジノディーラーの動きにも注目してみてください。