スクールニュース

有名クルーズ客船の人事責任者が日本カジノスクールに来校

クルーズ客船の人事責任者が求人説明会を開催

「カーニバルクルーズ」「ロイヤルカリビアン」など世界最大級のクルーズ客船の人事責任者の方が、日本カジノスクール東京校に来校されました。

僅かな来日期間の中、先方からの強い希望で来校が実現。

特別にクルーズ客船の求人説明会が行われました。

DSC_2869
身振り手振りを交えた説明会の様子

全て英語での説明でしたが、集まった学生の目は真剣そのもの。

クルーズ客船で働くために必要なスキル、実際に働いている方の声など、非常に具体的なお話の数々に「将来のビジョンが明確になった」「すぐに応募したい」という参加者の声も聞かれました。

責任者の方も予定の時間を大幅にオーバーするほど真摯に参加者の疑問質問に答えてくださいました。

お話の内容を少しだけご紹介!

・クルーの仕事は乗船中休み無しで、陸の仕事と比較すると大変そうに聞こえますが…通勤、家事も無く(食事は無料で3食以上提供/制服も無償でクリーニング)、仕事&オフの切替えをするライフスタイルとなり苦にならなくなります。
・停泊中はカジノがクローズしていることが多いので、各地の観光を楽しむ時間もあります。
・パワハラやセクハラなどの不平等や偏見から労働者を守る体制は世界基準でしっかりしています。
・乗組員の国籍は60~90ヵ国と様々で、多様な文化に触れることができます。
・給与や労働条件は乗組員全員平等になっていて、国籍や人種、性別によって条件が異なることはありません。
・船内で多種多様な乗組員を仕事と生活を共有し、様々な国からのお客様の対応をし、様々な国と地域を訪問している国際感覚の高い乗組員は、陸で就活をする際に高い条件・ポジションでのオファーがもらえるケースも良くあるそうです。
・お客様は高いお金を払って旅行を楽しみに乗船をされているので、皆「楽しもう!」という雰囲気が基本で、寄港地の話など共通の話題で盛り上がり、お客様と話すのも楽しいようです。
ライフワークとして長年勤務することも可能です。

 

説明会の後は授業見学。

在校生のディーリングの練習の様子を熱心に見ておられました。

DSC_2887
真剣な眼差しで学生のディーリングを撮影

スクール見学の後には、日本カジノスクールが運営しているアミューズメントカジノ『カジノヴィーナス』も見学。

DSCN1059

クルーズ客船で働く上で重要なのは「お客様とのコミュニケーション能力」とのこと。

カジノヴィーナスでお客様と会話しながらディーリングをする卒業生の姿は魅力的に映ったようです。

スクールにはすでに多くのクルーズ客船の求人を頂いており、今後も世界を巡る豪華客船での卒業生の活躍に注目です。

資料をお持ちでない方は↓↓↓

header_shiryou_off

体験入学の日程はこちら↓↓↓

header_taiken_off