学生インタビュー

[NEW]将来は『IR』の仕事に携わりたい!

ootomo_thum

将来は『IR』の仕事に携わりたい!

2018年10月 大阪校国際ゲーミング学科
総合6ヵ月コース
大伴 凪沙さん
京都府出身

《カジノディーラーに興味を持ったきっかけ》

実は私去年の夏までラスベガスの大学に通っていて、カジノディーラーの仕事を見る機会はあったのですが、正直その時はまだそこまで興味がありませんでした。
ただ、帰国直前に『IR法案が通って、日本にもカジノが出来るらしい』という話を聞き、日本に帰ってもラスベガスとつながりのある仕事ができるかもしれないと思ってカジノディーラーに興味を持ちました。
 

《コースと受講スタイルは?》

総合6ヶ月コースです。週4日で11コマ授業を受けています。授業の後はホテルのフロントでアルバイトをしています。

ootomo3

《スクールに通ってみての感想》

ラスベガスに居た頃はカジノテーブルを見ることがあっても写真は撮れないし、遠い存在に感じていました。今は実際のテーブルにディーラーとして立って触れて練習ができるのでとても楽しいです。
 

《現在の夢》

大学で学んだ観光学やコンベンション・イベントプランニングの勉強を生かすため、IRに関連した仕事に就きたいです。それに、せっかく身につけた英語力も生かせると思うので、カジノディーラーだけに拘らず、広い視野でIRと関わっていきたいです。
 

《入学を検討している方に一言》

私は大学で学位を取りましたが、技術を証明できる資格がなにもありませんでした。なので、今入学を迷われている方も『何か新しいことを習得したい!技術を身につけたい!』と思われるなら、是非スクールに通うことをおススメします♪

大伴さんは全ての科目を修了し、2019年3月にご卒業されました。エンターテイメントとホスピタリティの本場、ラスベガスの大学で学んだ知識は必ず日本のカジノで活かされることでしょう。