JCSコラム

[NEW]カナダワーホリレポート:その15 6人目のデビュー・時田さんより現地レポート

カナダワーホリレポート第15回です。(第1回から読みたい方はこちら)

今回は、前回ご紹介した時田正美さんより、デビューから3ヵ月経過して現在の様子を現地からレポートしていただきました!

 

2017年9月に卒業した時田正美さん

2017年9月に卒業した時田正美さん

 

【ワーホリに参加してよかったことは?】
なんといっても働きながら海外生活ができたことです!

【逆に苦労したことは?】
幸い常に上司や仲間が助けてくれるので、今まで特に困ったことはないです。

【オフの日はどう過ごしていますか?】
オフの日は同僚と出掛けて、リフレッシュを心掛けてます。

【ディーラーのお仕事について】
いまは主に夜のシフトで働いています。この時期はまだスケジュールが固定されていないので毎週出されるスケジュールを都度確認しています。私が最初に受けたトレーニングは、ブラックジャック、EZバカラ、UTH、フォーカードポーカー、バックベットブラックジャックです。勤務している中で話があり、スクイーズバカラ、スクイーズコミッションバカラを習いました。スクイーズのトレーニングを受けた以降、ほぼ毎日サロンと言われるハイリミットテーブルでスクイーズを担当しています。一つのゲームを毎日やっているので計算などスピードが上がったと思います。

【職場仲間、卒業生の先輩方について】
みなさん、優しくフロアーで困った時はすぐに助けてくれますし、休憩室では楽しくお話もしています。

【バンクーバー入りした同期生達の様子】
実技テストに向けてみんな練習に励んでいます!カフェに行って、久しぶりに色々と話して楽しかったです!

 

ワーホリ2期生の関根さんと

ワーホリ2期生の関根さんと

 

【今後の目標】
まずはここで新しいゲームを勉強しつつ、ディーリングの精度を高めていきたいと思っています。そしてつぎのステップとしては、スキルアップの為にもカジノのある国を探して、アプライしていきたいと思っています。クルーズにも挑戦したい気持ちもあります。日本にカジノができる日に向けて、海外でできる限りたくさんの経験を積みたいです。

【次期性やワーホリを目指そうとしている人達へのメッセージ】
学校へ入学当初は、カナダのワーホリプログラムがあることは知っていたものの、実は参加するつもりは全くありませんでした。ところが、学校生活を送りながら先生と話す中で「チャンスがあるなら、絶対挑戦するべき」とアドバイスをもらい、挑戦することを決めました。

そして今、カナダでディーラーデビューして3ヶ月が経ちました。今でもたまに「私、ディーラーとして働いてるんだ」と不思議な気持ちになります。学校で学んだこととはまた異なるディーリング、実際の現金の使用、全て英語と色々新しいことはありますが、ディーラーとしての第一歩がここカナダで踏み出せたことを本当に良かったと思っています。少しでも気持ちがあるなら、是非挑戦してみてください。

 

…………………………………………

すでに現地の生活にも仕事にもすっかり慣れて、楽しんでいるようですね!思い切って海外へ飛び立った卒業生たちがいきいきと活躍している様子を聞くと、本当に本当に嬉しくなります。

では次回の更新をお楽しみに!

 

関連記事

《カナダワーホリ》ディーラーデビュー6名に!
カナダワーホリレポート:その14 カナダワーホリ通算五人目となる新メンバーのご紹介!