カジノ用語辞典

テキサスホールデムポーカー :Texas Hold’em Poker

プレイヤー同士が対戦するポーカーで、現在、世界で最も人気のあるポーカーゲーム。

日本で一般的な5枚のカードから数枚を交換するタイプのポーカーと違い、プレイヤーには2枚しか配られず、その2枚とは別に、すべてのプレイヤーが共通して使える5枚のカード(コミュニテイ・カード)が場に出てきて、各プレイヤーは合計7枚のカードの内、5枚のカードでポーカー役の強弱で勝負するタイプのポーカー。

場に出てくる共通の5枚のカードはまとめて出てくるのではなく段階を踏んで出てくるため、その都度で戦局が変わり、そこから生まれる駆け引きと逆転を生み出す運の要素も兼ね備えているのが人気の秘密である。

⇒コミュティ・カード

 

texasholdem

 

【JCSコラム】
世界中で人気になっているこのテキサスホールデム。そのあまりの人気のため、世界中で大きな大会が開かれています。

南米やヨーロッパやアジアでも開かれていますが、最大かつ最も注目を浴びるのが、毎年夏頃にラスベガスで開催される「WSOP(World Series of Poker)」です。

このWSOPは簡単に言うと、様々なポーカーの競技が集まった大会でオリンピックに近いイメージです。オリンピックの花形競技が100M競走やフィギュアスケートなら、WSOPの花形競技がテキサスホールデムのメイントーナメントと呼ばれるものになります。

ポーカーの世界でも最も参加人数が多く、このメイントーナメントで優勝する事は高いステータスになるので、ポーカープレイヤーの最大の目標と言えるでしょう。

さてそんなメイントーナメントですが、どんな人でも参加費さえ払えば参加できます。ポーカーの世界ではプロと呼ばれる有名プレイヤーもいますが、そんなプロはもちろん、今日初めてポーカーをやりましたという人も、参加費さえ払えば誰でも同じ舞台で戦えます。

ただしその参加費は、メイントーナメントになると1万ドル!もちろん早めに敗退しても帰ってきません。そんな高額でありながらも、2017年の大会では7,000人を超える参加者がありました。何故か?もちろん高いステータスにもなりますし、ゲームとして楽しめるのはあるでしょうが、なによりも優勝賞金が莫大だからです。2017年大会では優勝賞金は日本円にして9億円!!にも上りました。

競技としても楽しめて、さらに大金も獲得できるかもしれない夢のようなゲーム、それがテキサスホールデムです。