カジノ用語辞典

スリーカードポーカー :Three Card Poker

カジノにあるポーカー系のゲームで、カジノディーラーと対戦するタイプのポーカー。 交換無しの3枚のカードでディーラーと勝負を行うが、その際に参加費(アンティ)と同額のチップを追加する必要がある。

このゲームの特徴として、ディーラーと対戦するだけでなく、自分に役が出来るか否かという賭けもでき、ディーラーと対戦しなくてもそれだけでゲームに参加する事が出来る。

⇒アンティ

 

threecardpoker

 

【JCSコラム】

3枚のカードしか使わないシンプルなポーカーゲームですが、しっかりとポーカーの役は存在します、当たり前ですが。ところが実はポーカーの役が出来る確率が、同じ役でも5枚のカードを使ったポーカーと、スリーカードポーカーでは違います。

例えば役が出来ない、いわゆるブタになる確率は、5枚は約50%、3枚だと約74%になります。つまり3枚だと高確率でブタです。これがワンペアだと、5枚は約42%、3枚だと約17%となります。とても役が出来づらいゲームと言えますね。

そして面白い事に、5枚のポーカーの役と3枚のポーカーの役だと、強さが逆転する役があります。それは数字が繋がるストレートと、スーツが全部同じになるフラッシュです。

5枚の時はフラッシュの方が上位の役になるのですが、3枚の時はストレートの方が上位になります。これは5枚と3枚の時で確率が逆転するからです。ストレートの確率は、5枚は約0.39%で3枚は約3.2%。フラッシュの確率は、5枚は約0.20%で3枚は約4.9%  面白いですよね。

これほど確率の不思議を感じさせてくれるカジノゲームも他に無いかもしれません。