カジノ用語辞典

バカラ : Baccarat

イタリア語で0(ゼロ)すなわち「破産」を意味する、いわくつきのカジノゲーム。 本来は一人のバンカー役に対して複数のプレイヤーが対戦する形のカジノゲームであったが、アメリカに渡った際に改良され、現在の形となった。

 

【JCSコラム】
カジノゲームの王様とも称されるバカラ。世界中で人気がありますが、特にアジアで大人気のカジノゲームです 。

名前は怖いですが、ゲームの内容は簡単です。プレイヤーとバンカーという呼び名のところにカードが2枚ずつ出ます。

バカラのカード

このカードの合計がどちらが大きな数字になるか?というのを、カードが出る前に予想しておくってゲームです。ちなみにカードの合計は二桁になったら下一桁を対象にするので、一番強い数字は9となります。

ただこれだけのカジノゲームですが、これがなぜ熱くなるのか?不思議です。単純なカジノゲームだけに賭け金が高騰しやすくて熱くなるのもありますが、スポーツを見る感覚に似ているのではないかと思われます。

プレイヤーとバンカーというのは昔のカジノの名残なので、この名前を勝手に自分の好きなスポーツのチームに置き換えます。例えば野球好きな人は、自分が賭けた方を野球チームの鯉さん(仮称)チームと、賭けてない方をライバルチームのトラさん(仮称)チームに置き換えます。これでちょっとしたスポーツ・ブックのような感覚で、自分の贔屓チームに賭けて応援している感じになるというわけです。スポーツや格闘技などを観戦するのが好きな人ほど、このカジノゲームにハマる傾向にあるかもしれません。

このカジノゲームを本気で楽しむなら、もっと細かいルールをしっかり覚える必要がありますが、もし興味があったらカジノで挑戦してみてください。くれぐれもハマって破産しないようご注意下さい。

↓↓バカラについてはこちらもどうぞ↓↓
バカラとは カジノのバカラって一体どんなゲーム?