カジノ用語辞典

ハウス・エッジ : House Edge

カジノの収益を生むためには無くてはならないもので、各ゲームにおいて、本来当選する確率よりも少なく見積もった倍率で実際の配当を行い、その差額をカジノ側の利益とするもの。「控除率」。

⇒ハウス・アドバンテージ  ⇒リターン

 

【JCSコラム】
ハウス・アドバンテージを具体的な数字で表したものがこのハウス・エッジ。例を挙げるのに最も適しているのがカジノのルーレットですので、ここで説明します。

カジノのルーレットには、1~36の数字があり、この数字をストレート・アップで当てれば賭け金が36倍になります。これでカジノ側とプレイヤーが対等になります。

ところが実際には、ルーレットには1~36の数字の他に、アメリカンタイプの場合ゼロとダブルゼロの二つがあるため、当たる確率は1/38となり、カジノとプレイヤーが対等になるためには、ストレート・アップの配当は38倍でなければいけないはずです。

カジノルーレット

このゼロとダブルゼロの存在がカジノのハウス・アドバンテージとなり、当たる確率と配当の違いがハウス・エッジとなります。ちなみに上記のアメリカンタイプのルーレットのハウス・エッジを数字で表すと約5.26%。これをわかりやすく言うなら、10,000円を賭けて遊ぶと、カジノ側の利益は一回のゲーム毎に526円となる意味になります。このカジノ側から見た利益率をハウス・エッジと呼びます。

ハウス・エッジは当然ですがカジノゲーム毎に違います。プレイヤー側に有利なのはこのハウス・エッジが低い数字のゲーム。

カジノゲームに挑む前に、ハウス・エッジをチェックしておくのも大事ですよ。