カジノ用語辞典

パイガオ・ポーカー : Pai-Gow Poker

カジノにあるポーカー系のゲームで、各人に配られた7枚のカードを「5枚のハイハンド」と「2枚のローハンド」に分け、それぞれのハンド毎にバンカー役(胴元)と勝負するチャイニーズ・ポーカーの亜流。パイガオとは中国に伝わる「天九牌」を用いたゲームのこと。

 

【JCSコラム】
今、色んなカジノで人気が広まりつつあるのがこのパイガオ・ポーカー。

カジノにある他のポーカー系ゲームは、自分の手持ちのカードで勝負するかしないかの選択しかありませんが、このパイガオ・ポーカーは、自分でいかに手持ち札を組んで勝ちに導くか?という、カジノの他のポーカー系には無い戦略的な面があるのが人気の秘密。

しかもこのカジノゲームは、プレイヤーがバンカー役(胴元役)を引き受けることができ、バンカー役の自分対その他のプレイヤーという戦いも出来るのも魅力。さらにポーカーの役が出来たらジャックポットもあるので、ポーカー系ゲームのいいとこ取りのようなカジノゲームです。

ちなみに使われるカードは、ジョーカーを合わせた1デック53枚。一人につき7枚のカードが配られるので、最大で7人までしかできません。もしカジノに遊びに行ってこのパイガオ・ポーカーを見つけたら、ぜひ挑戦してみてください。