カジノ関連ニュース

IR推進法案が参議院内閣委員会で可決

8日より参議院内閣委員会にて審議が行われていたIR推進法案(通称・カジノ法案)が同委員会にて可決されました。

推進派の与党・秋元司議員が委員長を務める衆議院の内閣委員会と違い、反対派の難波奨二議員(民進)が委員長を務める参議院内閣委員会では、委員長が採決に応じるかが最大の山場となっておりました。

朝から終日行われていた委員会は夕方17:00頃より一旦休憩に入り、理事会が行われ、自民党が法案を修正する考えを示した上で、民進側が採決に応じる姿勢を示したとのことです。

法案は明日、参議院本会議にて採決に入ります。与党議席過半数を占める本会議での可決は確実と思われ、明日を持って本法案は「成立」となる見通しです。

 

(追記)本案は修正議決となるため、参議院本会議後もう一度衆議院へ送られますが、同日中に採決→成立となる見通しです。

 

関連記事:
IR推進法案 衆議院本会議で可決
12月2日衆院内閣委IR法案審議ハイライト
IR推進法案が衆議院内閣委員会で可決
IR推進法案が審議入り
なぜIRがあると観光客が増えるの?