カジノ用語辞典

スロット・マシン :Slot Machine

20世紀のカジノで、収益を上げることに大きく貢献したカジノゲーム。 現金硬貨またはカジノ専用トークンをマシンに投入し、レバーを引くかスピン・ボタンを押すことで、リールが回転し、絵柄が揃えば賞金が支払われる。

 

昔のカジノではレバーを引くタイプのみだったため、ワンアームドバンディット(片腕の山賊)と呼ばれていた。 カジノのスロット・マシン専用のトークンは現在ではほぼ使われなくなり、払い出しはバーコードの書かれたレシートとなっている。

⇒トークン

 

【JCSコラム】
カジノのスロット・マシンは、日本のパチスロのように自分でリールを止めることは出来ません。運命はお金を入れてレバーを引いた(ボタンを押す)時に決まっています。

カジノのスロット・マシンは昔はリールの数は3本で、絵柄が揃ったとみなされるラインという物が、横一列を1ラインとしせいぜい3列3ラインぐらいだったのですが、今やリールも5本で、当たりのラインも50ラインもあるため、いざ当たってもどのラインが当たったのか瞬時に判断できません。

なんせ横一列どころか、ジグザグだったりブイの字だったり斜めだったり、もっと複雑な形のラインもあります。しかもたくさんのラインに当たっても、それぞれのラインで出来た役が小さかったりすると、配当もほんの少しってこともザラです。

時代と共にカジノのスロット・マシンは変わってきました。