JCSコラム

カナダワーホリレポート:その3  カジノでの研修がスタート!

お待たせしました!カナダワーホリレポートその3です!(その1から読む)

 

現地カジノでの採用が決まった高木さんと岡山さん。いよいよカジノでの研修がスタートしましたよ!

カジノ カナダ

 

【ドキドキのカジノ研修初日】

私達の他に10名ほどのディーラーインターンシップの生徒達がいて一緒に説明を受けました。カジノ研修初日はとても緊張しましたが、カジノ側のトレーナーはみなとても親切で英語も分かりやすく、一日の研修はほかのインターンシップの方達よりも短くて余裕のある時間割です。

チップの扱い方やコールの仕方など違うところも多いのでまだまだ混乱しますが、徐々に慣れてきました。もっとスピードアップしてディーリング出来るようにしっかりと練習をしたいです。また、ホスピタリティの授業のようにお客様に対しての声の掛け方なども教えて下さり、実際に働いていくための自信に繋がります。

カジノの研修室の写真

カジノのトレーニングルーム

 

トレーナーの方達からは時に厳しく指摘を受けることもありますが、研修中は笑いもあり、休憩時間などは生活面での相談にも乗っていただいたり、食事に連れて行っていただくこともあって、とても良くして頂いています。

これからテーブルテストやインターネットでの研修などもあるのでまだまだ勉強は必要ですが、実際のリアルカジノで研修させて頂ける環境に感謝して、笑顔で楽しんで働けるように頑張りたいと思っています!

カジノ周辺も美しい

カジノ周辺も美しい

 

 

【シェアハウスに引越しました】

生活面ではダウンタウンのバッパーからシェア先に移動しました。もともとあまり賑やかな場所が得意ではないので、ダウンタウンからスカイトレインで10分ほどの家は、静かな住宅街で近くにショッピングセンターもあり、私にとって住みやすい環境です。

%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%80%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%82%a2%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9

オーナーさんとシェアメイトは日本人なので言葉のストレスも無く、とても仲良くできています。休みの日は二人で、あるいはシェアメイト達とバンクーバーの他のカジノを見学しに行ったり、レストランで食事をしたりと充実した日々を過ごしています。

 

本日のレポート担当:

高木優さんの写真です

高木優さん
2016年3月国際プロディーラー学科6ヵ月コース卒業

 

 

 

…………………………………………

カジノ側からは「ほとんどトレーニングは必要ない」と言われた高木さんと岡山さん。現地支援機関の担当者からも「あとはハウスルールだけしっかり理解したら、ゲーミングライセンスが手元に届き次第予定より早く早くディーラーデビューできそう」との報告をいただきました。

さすが優秀なお二人です。今後ますます期待してしまいますね!

では、次回の更新をお楽しみに!

 

次の記事
カナダワーホリレポート:番外編 カナダでのあれこれQ&A

 

ひとつ前の記事
カナダワーホリレポート:その2 カジノで働くために必要なライセンスを取得!

 

関連記事
いよいよ出発!ワーキングホリデープログラム(出発前壮行会の様子)
カナダのカジノで働きながら暮らすチャンス!ワーキングホリデープログラム始動(ワーホリプログラムについて)
体験入学で卒業生がポーカー講師を担当(岡山さんインタビュー)
日本カジノスクール在校生が日刊スポーツに紹介されました!(岡山さんが新聞に掲載された記事)