カジノ用語辞典

シュー :Shoe

カジノゲームを行う際、まとまった複数組のカードを格納しておく箱状の道具。 通常は手で持ち切れない、4組以上のカードを使用するカジノゲームで用いられる。 シャッフルする機械と一体になったタイプもある。 靴の形に似ていることから「シュー」と呼ばれる。

⇒シャッフル  ⇒シャッフル・マシン

shoe

 

【JCSコラム】
シューの語源はフランス語で「サボ」。靴を作る際に使われた木型のこと。 形が似ているから、ヨーロッパのカジノでは「サボ」と呼ばれ、それがアメリカのカジノに渡り「シュー」となりました。

シューターという呼び方もありますが、これは間違い。カジノでは別の意味になります。 靴に似ているから「シュー」。覚えておいてください。